中学受験の勉強をする時に結構間違っている人がいます。それが休ませないことです。これをするから勉強意欲が下がったり、うまく学力を上げることが出来なかったりするので注意しましょう。休むことは本当に必要なことですので、しっかりと子供に休ませて中学受験に挑ませるようにしましょう。

勉強ですが、集中しても長くて1〜2時間しか集中することが出来ません。それでも勉強をしても出来なことも無いですが、うまく頭に入っていないことが多くありますので、休憩は本当に大事です。休憩している時に頭を休めつつ、覚えたことの整理をすることができるので、休まずに勉強をするというのはむしろ中学受験合格を遠ざけていると言ってもよいでしょう。

ですから、休ませることをするようにしてください。ただし、休ませすぎないことも注意しましょう。そうしないと中学受験に合格出来ない場合があります。基本的に1時間の勉強をしたら数分休憩をするのが良いです。集中力的に1時間で切れることが多いので、そこで休憩をすることが良いです。

あとは、時間帯によっては休憩時間を増やしたり、むしろ勉強を辞めて大きく休憩をしたりしたほうが良い場合もありますので、よく考えて休憩を入れるようにしてください。それをうまくすれば中学受験の対策をすることができるでしょう。

Comments closed.