中学受験をする人にありがちなことがあります。それは、偏差値しか見ていない、ということです。確かに偏差値はどのくらいの順位にいるなどのことを知ることができる数値です。しかし、実のところ偏差値は実力を現している数値ではありません。実際状態ややり方によってはかなり変動する数値なのです。ですから、中学受験をする時に偏差値基準で話をし続けると困ったことになりますので注意しましょう。

小学校で偏差値を出す場合、大体が中学受験をしている人の中での計算方法をしているため、実際のすべての学生と比較をしての偏差値の数値ではないことがあります。と言っても、仮にも中学受験をしている生徒が何もしていない学生に負けるということはほぼありません。ですが、それでも全体の数値ではないことを理解するようにしましょう。

また、中学受験生の中で計算されているため、偏差値が低くても周りから見ると学力があるということもあります。それと最後に学校で出ている偏差値はあくまでも学校内の偏差値でありますので、他の学校ではまた別の数値になることがあります。ですから、偏差値ばかりを見ていると周りが見えなくなり中学受験に失敗しやすくなることがありますので注意しましょう。偏差値が高くても低くても、それは数値でしか無く、子供の実力ではありません。

Comments closed.